資格・認定制度

概要

ハーブボールの基礎となる知識・作成技術・施術方法を学ぶハーブボールセラピスト養成講座、 さらにハーブボールを使った症状の改善や結果を出す技術を学ぶハーブボールセラピスト上級講座、 そしてハーブボールセラピスト養成講座を開講出来るハーブボールセラピストインストラクター講座があります。

ハーブボールのスペシャリストになり、是非一緒に日本全国にハーブボールを広め、普及しましょう!

キャリアプラン / コース図

③ハーブボールセラピストインストラクター講座 ②ハーブボールセラピスト上級講座 ⑥和草ハーブ散策ツアー(半日) ⑤サロン支援アドバイス講座(1day) ④妊産婦ケア講座(2days) ①ハーブボールセラピスト養成講座 プラン

各コース詳細

①ハーブボールセラピスト養成講座

基礎からしっかり学び、プロとしてすぐにリラクゼーションを主とした施術が出来ます。 理論・作成・施術・導入まで少人数で教えます。

また、本場タイ(チェンマイ)のスクールから認定証が発行されます。
施術だけでなく、 ハーブボールワークショップの開催も可能です。
ハーブボールセラピストとして活躍されたい方にオススメです。

【理論】歴史、効能、ハーブ、注意事項、妊産婦ケアなど
【作成】ハーブボール作り(タイハーブ・和草ハーブ両方。ハーブパット作成含む)
【技術】全身・頭のみ(ハーブサウナ応用含む)
【導入】ハーブの仕入れ、器具の説明、コース作りなど
筆記試験あり

合計25時間

作成したハーブボール&ハーブパット、タイハーブセット(10個分)、スチーム器具、 確認試験代、認定証付

130,000円(税別)
※別途入会金・年会費要。

②ハーブボールセラピスト上級講座

治療に近いハーブボールの使い方、熱の管理方法などを学びます。 症状別のケア方法(腰痛・肩凝りの緩和など)、ストレッチ・指圧との組合せ、オイル・フェイシャル・アーユルヴェーダでの使用方法なども学べます。 より高度なハーブボールケアを学び、ハーブボールセラピストとして更に専門性を高めたい方にオススメです。

理論:体の仕組み、熱の管理、アーユルヴェーダ式の使い方、ハーブブレンドなど
技術:症状別、ストレッチ、オイル、フェイシャルを組合わせた手技など
作成:オイル・フェイシャルハーブボール作りなど

合計30時間

受講条件あり
[受講条件]
・30名分の症例レポートの提出
・技術チェックに合格すること

作成したハーブボール、オイル保温器具、確認試験代、認定証付

150,000円(税別)
※年会費の差額要(準会員⇒正会員)

③ハーブボールセラピストインストラクター講座

協会認定校として、ハーブボールセラピスト養成講座を開講することができ、セラピストの育成に携わることが出来ます。 講師として活躍したい方、育成に興味があるという方にオススメです。

認定校の心構え、模擬授業、実技の講習チェック
事後課題あり

合計30時間

受講条件あり
【受講条件】
・30名分の症例レポート(上級講座の内容のみ)の提出
・10回分のワークショップ開催レポートの提出(1回分はビデオ撮影すること)
・技術チェックに合格すること
・小論文

確認試験代、スターターキット付、認定証付

230,000円(税別)

その他の単発講座

④妊産婦ケア講座(2days)

妊娠・出産・産後のホルモン変化について、現役助産師から学びます(3時間)。
また、実際の妊婦or産後モデルを用意した実技練習を行います。

助産師からのホルモン講座、
妊婦or産後の実モデルでの実習、
分娩時のケア、産後のセルフケアなど

20,000円(税別)

2日間(12時間)

⑤サロン支援アドバイス講座(1day)

ハーブボールセラピスト養成講座を受講後、実際にサロンへ導入する際の相談(コンセプト・メニュー・金額など)にお答えします(最大2名まで)。 また、技術チェックや講師によるハーブボールの施術体験などが出来ます。

2名の場合:1人10,000円(税別)
1名の場合:1人16,000円(税別)

定員2名様まで
10時~最大17時まで

こちらは随時開講です。

⑥和草ハーブ散策ツアー(半日)

実際に野山を歩き、植物の生態から勉強するとても貴重なフィールドワークです。 野草研究家の講師が同行し、疑問をその場で解消します。 四季を通して植物を肌で感じて学ぶことが出来ます。

会員: 1,000円(税込)
非会員:2,000円(税込)

年4回開催